ホームパーティーをもっと身近にするインフォメーションサイト

>

デリバリー食材サービスの利用と使われる場面

このコラムをシェアする

デリバリー食材のサービス内容

デリバリー食材は基本的には食材宅配サービスと同義であることから、そのサービス内容も食材宅配サービスに準じたものとなり、純粋に注文された食材を宅配するサービス以外に、顧客のニーズに応じたサービスも展開しており、あらかじめ下ごしらえを済ませた食材を宅配するサービスもあれば、電子レンジで加熱するだけで食べられる弁当の宅配サービスや和洋中といったメジャーなジャンルの料理の食材にレシピを添付したテーマ性を持ったセットの宅配サービスもあるなど、そのサービスは多岐にわたります。

この他、運営企業にもよりますが、糖尿病をはじめとした生活習慣病患者を対象とした病人食の宅配サービスや生活習慣病予防を念頭に置いての生活習慣病予防食の宅配サービスも存在しており、サービスとしての多様性に富んでいることから、需要や市場の大きさも窺えるはずです。

どんな時にデリバリーで食材が利用されるか

デリバリー食材すなわち食材宅配サービスは、その利便性はさておき、常時使用する必要があるサービスはないことから、必ずしも利用する必要があるサービスというわけではなく、両親のいずれか一方が専業主夫ないし専業主婦として十全に家事全般を熟せる世帯や家事分担がしっかり行われ、無理なく対応ができている世帯では必要性が薄れます。

しかし、多様性を重視した教育を受けた世代が社会に進出をはじめたことと、資本主義経済に特有の経済成長の壁にぶつかったことが重なってか、共働き世帯や家事が不得手なパートナー同士の世帯も少なからず生じ、むしろ共働き世帯が主流になりつつある昨今では、デリバリー食材への需要も増加し、日常利用はもちろん、晴れの日のお祝いなどの形でも利用されはじめました。